【年収2,000万が一番よかった】外資系金融マンの幸福論

最近ちょっとしたブームなのか、「幸福論」という言葉が目につきます。
やりがいとか、人のつながりとか、様々な定性的な要因が幸福の度合いを決める要素として並んでいます。
確かにそうした要因にも納得感はあります。
一方で、「その議論、何か足りないぞ!」と感じる方もいるかもしれません。
それは何でしょうか。
そう、金銭面での議論です。

外資系金融マンの間でよく話題になる幸福論があります。
それは年収の水準に関する話ですが、意外にも年収が多ければ一概に幸せということではないようです。
今回は幸せを考えるにあたって、じっくりと年収のことを考えてみましょう。

サラリーマンで本当の高給取りはどの職業か
様々な職業の中で「高給取り」といえば、医者、弁護士、コンサルタントなどが挙げられるでしょう。
では、サラリーマンの場合はどうでしょうか。
おそらく外資系金融機関に勤務するサラリーマン(以下、外資系金融マン)が該当するのではないでしょうか。

一般的に医者や弁護士は高給取りのイメージがありますが、勤務医であったりパートナーではない弁護士は皆さんが思うほどではなかったりします。

外資系金融マンは、能力があり、かつ(株式市場などが好調であるなど)運が良ければ、若くして高給を手にすることができる稀な職業と言えるでしょう。
20代、30代でも年収が2,000万、3,000万という人材は結構いるのです。

最近はトレーディングにおける自動化が進み、生身のトレーダーの仕事も厳しい環境にはありますが、それでもトレーダーで結果を出せば年齢に関係なく多額の収入を得ることもあります。

こう言うと、「金融機関は規制で守られているからだろう」とか「個人の能力ではなく相場の良い時にたまたまそこで仕事していただけだろう!」というごもっともな指摘もあるかと思います。
ただ、今回はあえてそうした本質的な議論はおいて、話を先に進めていきましょう。

”年収2,000万円を目指すプロセスが一番幸せだった”説を考える
若くして外資系金融機関に勤めるようになった人には、「年収が2,000万円になるまでのプロセスが一番幸せだった」と口にする人が多く見受けられます。
なぜでしょうか。

もちろん年収が上がっていくわけですから、自分のパフォーマンスが会社に認められたり、任される仕事内容が高度になったりと、様々な点から幸せなプロセスと言えるでしょう。

では、なぜ年収2,000万円なのでしょうか。

これは所得税と関係があるのではないかと考えてみるのはどうでしょうか。

所得税は、課税される所得金額 × 所得税率-控除額で計算されます。

次の表を見ながら、課税される所得金額が900万円の人と1,800万円の人を比べてみましょう。

課税される所得金額が900万円の場合、所得税率23%、控除額63万6,000円を前提とすると、手元に残る金額は約757万円。
一方、課税される所得金額が1,800万円の場合、所得税率33%、控除額153万6,000円を前提とすると、手元の残る金額は約1,360万円となります。

つまり、課税される所得金額は900万円違い、手元に残る金額は約600万円違うことになります。

では、課税される所得が2,000万円のケースではどうでしょうか。
所得税率は40%に跳ね上がります。
控除額の枠は279万6,000円にまで増えるとはいえ、その控除額を活用できたとしても手元に残るのは約1,480万円となります。
よって、課税される所得が1,800万円から2,000万円に200万円増えても、手元に残る金額は120万円の増加にとどまるわけです。

所得が増えることで税率がアップし、税率が低かった時と比べると手元に残る金額がそれほどでもないという現実の前に幸せ度が下がっていると言えるかもしれません。

話は細かくなりますが、課税される所得といわゆるサラリーマンの年収は別物です。
給与等の収入金額(給与所得の源泉徴収票の支払金額)に応じて給与所得控除額があるからです。

たとえば、給与等の収入金額が1,000万円を超える場合には、上限で220万円の控除があります(平成29年分)。
つまり、課税される所得が1,800万円の人の年収は約2,000万円程度ということになります。

こうしてみると、年収がおおよそ2,000万円近くになると所得税率が切り上がり、それで「がんばって働いて会社に評価されたと思った割には追加分の手元残りが少ない」という感覚が、幸せの一つの分岐点と考えることもできます。

所得税だけではない幸せ度を決定する要因も
人間は年収が増えていく過程で、家賃が高い家に引っ越すでしょう。
より高級な車に乗るようになっているかもしれません。
子供の教育費もかさんでいるかもしれません。
小学校から大学まである私立やインターナショナルスクールに入学させるといケースもあるでしょう。

年収が上がる中で生活水準も一気に上げてしまうと、ややもすると手元に残るはず以上の出費がかさんでしまうということもあり得ます。

生活水準が高まることで満足度が上がることもあるでしょう。
一方では、資産形成を考えて手元に現金がどれだけ残るのかを重視する人も多いでしょう。
そのような投資家マインドを持った人は、単に「所得が増えて生活水準が高まって幸せ!」というわけにはいかないでしょう。

年収が増えても、いかに出費を減らすことができるのかを同時に満たさなければ、金銭的な満足度は得られにくいのではないでしょうか。

まとめにかえて
所得税額には、ここまで触れてきた他に税額控除も活用できます。
また、サラリーマンが支払う税金には所得税の他に住民税もあるので、税金を支払った後の手元に残る現金は一概に年収だけでは比較できません。

しかし、所得税率が40%や45%ともなると、感覚的には「もらった半分はざっくり税金」という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。
となれば、年収を追うのではなく、生活の豊かさを求めるような状況を求める人が増えてきてもおかしくないでしょう。

税率という定量的な要因が人々の幸せ度を決めているとすれば、税金の議論は国家にとっていつまでも重要な領域と言えそうです。

参照元:ヤフーニュース
URL: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00003356-toushin-bus_all&p=1

スポンサーリンク
名無しさん
2017/05/30 21:27
庶民には遠い世界の話だな。
名無しさん
2017/05/31 09:03
庶民にはじゃなくて底辺には関係のない話。
まともに社会生活送って付き合いこなして結婚して、周りの家庭みて、20代後半~30以上の男の年収1千万とか多いほうでも何でもなく普通なんだけど。
それで年収2千万ぐらいの小金持ちが一番幸福っていう価値観も共感できる。
名無しさん
2017/05/31 09:19
プロ野球選手って年棒の半分は税金らしいからね。
名無しさん
2017/05/31 09:21
一番理想は、年収1000万円を超えないように調整することでしょう。
個人事業主ならある程度経費が認められてますから、1500万くらいまで稼いでも利益は1000万で収まりますから、税率が急激に上がる一歩手前ということになります。
当然ながらわたしもその上限に近付いたら、仕事は完全ストップして、設備投資に勤しみます。
2000万稼いだと喜んでるサラリーマンは私からすりゃ馬鹿なだけです。
名無しさん
2017/05/31 09:30
個人的には、収入がナンボで自慢してる人に、その金を人生にどれだけ投資出来たかが大事なんじゃない?と言いたい。
年収2000で嫁にも逃げられ、趣味がネットショッピングとかだとかわいそうな奴だし。
死ぬときに満足に生きれたと思えるかどうかは収入に直結しないしな。
俺か?
俺は今死んでも良いくらい充実してるよ。
借金は5000あるがな!
名無しさん
2017/05/31 10:01
今の時代1000万稼いでも、首都圏や都市部に住んで子供2人いたら、教育費、塾、習い事などでそんなに贅沢はできないと思います。
稼いでる人は自分の子供にも同じように恵まれた人生を歩めるよう、教育費を惜しみませんからね。
あと家のローンなど。
だから2000万なのかなと。
もちろんそこから税金引かれることも計算して。
名無しさん
2017/05/31 10:22
2000万稼いでも、4割持ってかれたら、意味ないですね。
稼ぎが1000万以下なら、子供手当てや高校無償化など手当ても充実してるし、子が利口なら、公立の高校大学進学なら、十分やっていけます。
年収2000万、700万近く差っ引かれるだけで手当てなし、死に物狂いで働いて、ローンでタワマンや高級外車買って、放任主義で馬鹿息子ばっかり(みんな私立)では、年収1000万のまともな一家には負けますよ。
名無しさん
2017/05/31 10:23
1000千万くらいで子供が3人いるが、税率は上がるわ、奨学金でも無利子がダメだの色々逆差別があるわ。
少子化対策に貢献しているのに子供の数も考慮してくれないし、全く少子化を止める気が無いとしか思えないわ。
名無しさん
2017/05/31 10:26
みんなさ、老後どうすんの?
幾ら貯金が必要か、知っているの?
次世代に申し訳ないことにならんようにせんとなぁ。
名無しさん
2017/05/31 11:42
まぁ、そもそも年収500万以下の人間に所得税がかかるのが、そもそもおかしいよなぁ
名無しさん
2017/05/31 12:44
稼いでる人間は、税金で貧乏人養うために必死こいてるわけじゃないんだよ。
これだから一定以上の富裕層は海外に流出する。
名無しさん
2017/05/31 12:47
そいつらが今稼げてるのは前の世代の人間が国のために頑張ったからなんだけどな。
これだから自分を頭が良いとか思っちゃってるやつは…
名無しさん
2017/05/31 13:21
収入低いから税金を払わなくてもいいと思ってるって、給食費払わないで子供に給食食べさせてる親と同じじゃないか。
高額納税者よりパーセンテージ低いのだから、それくらいは支払うのは当然、と思えないなら公共施設を利用するな公共サービスを利用するなというしかない。
名無しさん
2017/05/31 13:44
年収10円でも、1円は納めて世のために役立ててもらおうという心意気が、国を豊かにする。
名無しさん
2017/05/31 14:13
お腹いっぱいの時に、たとえおいしいメシが出てきてもうれしくないのと一緒で、金がない時は金がもらえるとうれしいが、もう金で満足したら、金じゃないものを求めるっていう単純な話。
名無しさん
2017/05/31 15:16
>今回はあえてそうした本質的な議論はおいて
本質的な議論を避けた時点でこの記事はアウトだろ。
名無しさん
2017/05/31 16:08
所得税がヤル気を失わせる大きな要因。
働けば働くほど実は損をし、海外にばらまかれる税金となるだけ。
名無しさん
2017/05/30 21:45
年収1千数百万を超えると、年金保険料の上限に至り、支払いが一定になるので重税感がかなり和らぐ
その感覚も2千万までということなのだろう
名無しさん
2017/05/30 22:26
何処の制度?
厚生年金保険料の上限は31等級(605000~)。
賞与も年3回までだから、春、夏、決算の所もある。(一回につき150万上限はあってる)
名無しさん
2017/05/30 22:36
持てるものの悩みだ
名無しさん
2017/05/30 23:35
税金高い。。。
名無しさん
2017/05/31 00:31
社会保険料が頭打ちになる分、所得税、住民税が直に効いて、重税感がスゴイ(涙)
名無しさん
2017/05/31 01:54
和らぐ?
所得税率知らんのか?
名無しさん
2017/05/31 06:54
違うと思う。
2000万までは給料が増えても手取りが増えず重税感があるので、逆にもっと上を目指そうというモチベーションが湧くという意味ではないかな。
2000万超えた辺りから、税率は変わらないのに給料が増えたら増えた分だけ手取りが増える。
例えば2000→4000になれば、2年分の年収。
2000→2億になれば10年分の年収。
これを3年続けると一生分の稼ぎをタッタ3年で稼ぎきる事になる。
こうなると、もっと稼ごうというモチベーションが低下し、仕事に対するやる気が失せる。
モチベーションの無い状態→不幸。という図式。
年2000万超えても、それより上の生活は満足度大して大きくない。
あとは骨董だのコレクションだのにハマるぐらいしかカネの使い道がない。
名無しさん
2017/05/31 07:43
社会保険料の打ち止めは厚生年金だけで、健康保険料はもっと上
更に窓口負担が多くなった時は、高額医療費療養費制度があるが、その支払い額も増える
更に、900超えると高校授業料無償化、児童手当など貰えなくなる
庶民的レベルでは700超えると、定期昇給以上に税金、社会保険料が上がり、手取りが増えないのが実情です
世帯所得で考えるべきだよ
スポンサーリンク
名無しさん
2017/05/31 07:51
数千万越えていると言うことは、他に資産もあって、一番の悩みは相続税だったりする
うまく誤魔化すんだろうが
名無しさん
2017/05/31 08:41
ここまで税金が高くなってくると最初の3ヶ月間は税金納めるためだけに働いているって言う感覚に陥る。
結局金融所得が最強。
2割納めればいいし社会保険かからないし。
名無しさん
2017/05/31 10:07
年収2000万円超えると確定申告な筈だから、色々調整ができるからじゃないかな…(苦笑)
名無しさん
2017/05/31 11:21
人間、悩みはつきないね
名無しさん
2017/05/31 11:54
最近やっと、税金やクレームや労組がらみのトラブルを「必要経費の一部」と思えるようになった。
名無しさん
2017/05/31 14:05
健康保険とか、年収600万ぐらいで頭打ちですよ。
名無しさん
2017/05/30 21:49
収入が落ちたら翌年が悲惨。
名無しさん
2017/05/30 22:26
↑ですね
納税の金は残しておかないと
名無しさん
2017/05/30 21:49
税金に取られるばかりで、なんとか手当はいつも蚊帳の外。
金額の寡多ではなく、対象外にされるのが腹立たしい。
名無しさん
2017/05/30 23:05
なんとか手当、あるのとないのと随分違いますよね。
名無しさん
2017/05/30 23:58
就学支援金なんてのもあるぞ。
年収一千万円超えると申請できないが、子弟の私立高校の学費が実質無償なんて人々も珍しくないよ。
名無しさん
2017/05/30 23:58
そうそう。
税金納めてるんだから子供関係の手当くらいくれても良いのにと思う。
5000円はもらってるんだっけ。
名無しさん
2017/05/31 00:06
それもなくなる議論がされてましたね。
そもそも、子どもの扶養控除廃止に伴い設けられた制度だったのに。
自分で稼ぐことができる配偶者や16才以上の子どもは扶養控除の対象なのに、本当に扶養しなければならない16才未満の子どもは扶養控除の対象外という不可解な制度。
名無しさん
2017/05/31 01:56
貢献したら優遇どころか冷遇が待っているからねー。
制度考える人はほんと能無し。
名無しさん
2017/05/31 07:03
税金あがり、控除なくなり、手当なし。
何重にも取られて、結果手元に来るお金は年収から思うと、かなり少ない。
自分たちより年収低い人と逆転してる?
名無しさん
2017/05/31 07:06
でもこの先、夫婦の年収で算定するようになるんですよね??
私の周りにも手当なしの人何人かいるけど、取られる手当分を補うかのように奥さんパートしてる。
もちろん私も。
名無しさん
2017/05/31 07:13
わかります。
手当はつかないし、病院では医療証は?と、まるで、忘れ物したかのように言われ、嫌なことばかり。
名無しさん
2017/05/31 09:19
起業して給料下げなさいな
出来る人間がみなまともに税金払うのが一番アホらしい
もっと稼いで経費で生活しなさい
名無しさん
2017/05/31 10:34
↑上の方に同感。
名無しさん
2017/05/31 11:40
年収高いと健康保険料も上がって、しかも医療費自己負担額の上限も上がる
高い保険料払っているにも関わらずだ
ふざけるなといいたい
名無しさん
2017/05/30 21:58
関係無いね(笑)。
名無しさん
2017/05/30 21:58
この国は頑張るだけ損だな
名無しさん
2017/05/31 00:12
サラリーマンに高給は必要ない。
起業して税金払っても余裕なぐらい稼いで金持ち面してほしい。
会社員に上も下もない。
名無しさん
2017/05/30 21:59
それでも年収は多ければ多い方がいいと思うのは貧乏人だけなの?
年収は多ければ多い方がいい…。
名無しさん
2017/05/30 22:32
年収が多い分、休みもなく責任も重いため神経すり減らして寿命縮めて働いている。
それを税金でがっぽり持ってかれる。
本当にそんなのがいいのか。
名無しさん
2017/05/30 22:33
そんな苦労を味わってみたいよ。
名無しさん
2017/05/30 22:37
年収も大事だか、どれだけ自由に使える枠があるかが問題だ
名無しさん
2017/05/30 22:40
配偶者控除に似ているかも。
103万以内はかからないけど、110万稼いだら税金9万持ってかれる。
名無しさん
2017/05/30 22:50
好きな仕事で年収800万円あたりが1番勝ち組だろう。
税金もそこまでは取られないしね。
名無しさん
2017/05/30 23:12
タイムイズマネーやからな
名無しさん
2017/05/31 02:02
>年収は多ければ多い方がいい…。
多ければのためにどこまで犠牲にできる?て話だろ
休日ゼロ睡眠ゼロ休憩ゼロにして働く??
名無しさん
2017/05/31 07:16
ある研究によると、年収1000万までは幸福感は所得に比例するが、それ以上になると相関しないという結果がある。
つまり、どう稼ぐかや、自分のやりたいことか、休息とのバランスなどの要素が大事
名無しさん
2017/05/31 07:27
3000万でやりたく無い仕事させられてるよりは、1000万で自分の納得のいく仕事を自分のペースでやっているほうが幸せな人もいるということ
だから皆独立するんだよ
名無しさん
2017/05/31 07:48
法人格をもっていればまだ節税策はあるけど、サラリーマンはほとんど手がないからつらいね。
名無しさん
2017/05/31 09:10
皆さん1000万2000万3000万って凄いな~。
頑張って下さい。
うちは平均年収ちょっと上ぐらいで残業無しの、土日休みでのんびりしてますわ。
名無しさん
2017/05/31 09:48
単純な稼ぎだけでなく、単なる会社の駒として生きていないか、情熱を持てる仕事かどうか、社会的意義のある仕事か、人としての倫理観に背いてはいないかという要素も幸福感を感じるためには重要視すべき要素だと、単純に稼いでみて初めて気付いた。
名無しさん
2017/05/31 09:49
その次元にすら立てないやつからすれば、羨ましい悩みだとは思うけどね
名無しさん
2017/05/30 22:01
日本は金持ち向けのサービスが少ないから、年収が高くても幸せは感じにくいかもしれませんね。
名無しさん
2017/05/30 22:47
納税額が多いと公共機関の待ち時間が短縮されるくらいのことはあっても良い気がしている。
名無しさん
2017/05/31 01:58
何かしら優遇すれば今より払う気も起きるかもなのにね。
金持ちの足を引っ張ったって、貧しい人が裕福になるわけじゃない論理がわからん奴ばっかり。
名無しさん
2017/05/31 09:12
努力してたくさん稼いでたくさん納税しても他人からは妬まれるだけだし、「尊敬」されるって事が少ないからね。
所得の高い方から2割の人が全体の8割以上は納税しているけど、無能な人間はそれすら分からない。
名無しさん
2017/05/31 10:35
納税額が高い人は、少しでもより良い行政サービスを受けられるようにして欲しい。
今の税金て、何かのペナルティみたいだから。
名無しさん
2017/05/31 11:36
飲食・ホテル業界などの裏のコストを知っていると、年収一千万と二千万以上の人が受けているサービスのコストは大差ない。
もしくは無駄なものがつくだけ。
二千万以上の人は税金も含めてぼったくられているだけ。
名無しさん
2017/05/31 13:50
つーか金持ち自体がカネの使い方を知らん人が多い。
名無しさん
2017/05/30 22:02
もっと稼げばいいだけ
名無しさん
2017/05/30 22:04
そりゃ、そうだ。
その分、クソほど働かされるんだろうがな。
名無しさん
2017/05/30 22:07
2000万円で幸福?
アホか!
・・・俺は2000円あれば、十分幸福だ。
ローソンでマンガ買って、焼き鳥2本買って、カップヌードル買って、のどごし生(350ml)買っても釣りがくる。(^_^)
名無しさん
2017/05/30 22:16
↑間違いない。
幸福かどうかは自分で決める。
名無しさん
2017/05/30 22:50
稼ぎと幸せが比例しないのは確かだと思います。
スポンサーリンク
名無しさん
2017/05/30 22:09
働いても金が来ない世界なんか嫌だね。
名無しさん
2017/05/30 22:13
月給150万で手取りで108万。
給料明細見る度にため息でるわ。
月々90万くらいの時が1番幸福だったような気がする。
名無しさん
2017/05/30 22:14
おれの2000万倍やんけ!
名無しさん
2017/05/30 22:16
好きなことやって稼げるうちが一番いい。
名無しさん
2017/05/30 22:17
一体国民の何パーセントが2000万円稼いでるんだか
名無しさん
2017/05/30 23:05
↑マジレスしますと、いわゆるサラリーマンの2%ちょい切れ。
1.8%くらい。
総務省の「民間給与実態調査」が出所。
これは民間企業正社員の統計ですが、こんな高給取りは男女で大差があるので男性に限った比率です。
名無しさん
2017/05/30 22:19
リーマンにも接待交際費とか経費を認めてやればいいのにな。
社長なら、儲かっても経費使い放題だから、仮に同じ2000万でも可処分所得が違うよな。
名無しさん
2017/05/31 00:03
責任が違いますからね。
個人的にはどの業種でもサラリーマンに高給は必要ない。
普通に生活できる程度あれば十分。
名無しさん
2017/05/30 22:20
収入の半分が税金て、なんか江戸時代みたい。
「五公五民」とか。
私ら関係無いけど、あんまり働くなと言ってるみたいで夢がないですね。
株とかの収入は、一率20%。
1億円稼いでも2000万円だけ。
結構お得だな。(これも関係ないが)
名無しさん
2017/05/31 00:03
上記、残りの8000万円は、確定申告の際、収入となり、こんどは所得税・住民税で課税される。
ダブル課税よ。
名無しさん
2017/05/31 15:18
実は私も「ちびっと」投信で儲けたが、源泉徴収で、20%引かれただけだよ。
1億儲けたらもっと引かれるのかな?(別に心配しなくて良いが)
名無しさん
2017/05/30 22:21
いいなあ、俺その3分の1だよ
まあ、俺はまだ若いし人生これからだよな
今は田舎住んでるし社宅やでそんな金は要らない
金かかるような娯楽もしない
今は自分の将来に向けた充電期間と思って、忍耐するしかないな
名無しさん
2017/05/30 22:21
年収2000万あたりの給与所得者の多くは、努力を続けてきた優秀な人たち。
その、ちょい高所得者のやる気を削ぐのは税率だけではない。
社会保障や行政サービスを受ける時は必ず蚊帳の外。
むしろ所得に応じた負担だのと多額の負担を要求されるというペナルティーを受ける。
子供を1人保育園に預けると月に10万くらい取られる。
高校授業料無償化は蚊帳の外。
高額療養費制度も見直され、多額の負担を強いられる。
富の再分配なんてのは、分配してもらう側には心地よかろう。
日本はできる人に仕事が集中し、その報酬は横並び。
日本人の精神性か、優秀な人に多くカネを与えるのことに批判や嫉みがある。
まともに頑張ると損をするというのが、ちょい高所得者の考え方。
だから優秀な人は外国に逃げる。
国力にも悪影響を与える、日本にとって危惧すべき問題だと思う。
名無しさん
2017/05/30 22:21
児童手当とか、いっきに下がるのむかつくな。
税金はがっぽりとるくせに。貧乏人支えるために働いてんじゃねえよ
名無しさん
2017/05/30 22:55
同感です。
減らしたくなったら「仕事半分・年収も半分」という選択ができるかどうか。
つまり仕事(稼ぎ)か余暇か自分の好みで自由に調節できるかどうかですね。
高収入の人でも、それがなかなか難しい。
無理に減らすと一気にゼロになったりして(笑)
名無しさん
2017/05/30 22:24
年収2000万ですかぁ
自分には全く縁のない世界だなぁって思いました
名無しさん
2017/05/30 22:25
税金が給料くらいなんだけど…
名無しさん
2017/05/30 22:25
妻選びの方が大事。
名無しさん
2017/05/30 22:25
自営で年収2000万円の頃より、雇われで1000万円の頃の方が、嫁的には良いらしい。
俺的には後者は使えるお金が5分の1くらいの感覚で、当時は後悔したなぁ。
名無しさん
2017/05/30 22:38
不可分所得?
名無しさん
2017/05/30 22:57
それは興味深いですね。
やはり女性は安定感とか社会的認知度とかが良いってことなんですかね??
名無しさん
2017/05/30 23:03
自営業だと奥さんも働かされる。
お勤めなら旦那だけ。
名無しさん
2017/05/31 00:07
安心感でしょうね。
名無しさん
2017/05/31 10:03
妻の立場ですが、倍以上あるなら事業主の方が助かる。
経費も上手に算入させられるし、小規模共済とか事業保険とか色々節税も出来る。
何より会社員のように時間の制約や気疲れがない。
今の時代会社員で1000万が続く安定もそこまでないので…
名無しさん
2017/05/31 10:37
うちはまさに主人が小さい会社経営で主人の年収が2100万位です。
経営して20年くらいです。
個人的な主観ですが、もし選べるとしたら、勤め人で1000万が100倍いいです。
性格や会社の規模によるかもですが、いつもお金のこと考えてます。
色々考えることも多いし正直、気疲れハンパない、しんどいです。
会社員も先はわからない時代ではありますが、1000万もらえる会社なら大手ですよね。
大手が潰れる確率と、小さな自営が潰れる確率は雲泥の差だと思いますから。。
名無しさん
2017/05/31 12:19
やりようで2000万以上も可能だし、定年もない。
何より会社に属する故のストレス、生活の時間配分(子育ての自由度)が全然違う。
お金の心配はどんな経営者でもあります。
実家も嫁ぎ先も会社経営。
私は独身時に大手と家族経営‥‥
色んな業種に勤めたが忙し過ぎて、年収が良くても辛かったですよ。
名無しさん
2017/05/31 14:48
役員なら自営もあまり変わらない?
精神衛生上は?
名無しさん
2017/05/30 22:28
いずれにしても自分には関係ない話のようだ。
名無しさん
2017/05/30 22:30
↑同意。
俺にとってこの知識は一生必要ないだろうなw
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする