【GUCCI】グッチがリアルファーの使用を廃止へ

ケリング(KERING)傘下の「グッチ(GUCCI)」は10月11日、リアルファーの使用を廃止するファーフリー・ポリシーを宣言した。
養殖か野生で捕獲されたものかにかかわらず、ミンク、コヨーテ、タヌキ(ラクーンドッグ)、キツネ(フォックス)、ウサギ(ラビット)、カラクール(アストラカン、ペルシャンラム、スワカラ)など、全てのリアルファーの使用を、先般発表したばかりの18年春夏コレクションから廃止している。

グッチのマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri )社長兼最高経営責任者(CEO)が、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションでの講演の中で明かした。
ペタ(PETA)をはじめとした動物愛護団体などはこぞって「『グッチ』がゲームチェンジャーになる」と歓迎している。

ビッザーリCEOは「社会的責任を果たすことは『グッチ』の大切な価値観の一つであり、環境と動物により良い方法をとっていくため今後も努力を続けていく。HSUS(アメリカ合衆国人同協会)とLAV(イタリアの動物団体)の助けによって『グッチ』が次のステップに進めたことをうれしく思う。このことが革新を促し、人々の意識を高め、高級ファッション業界をより良い方向に変えていくことを願っている」と語った。

ケリングはファーフリーの先駆者であるステラ マッカートニー(Stella McCartney)のブランドも擁しており、「グッチ」のクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)もこれに倣ったようだ。

毛皮に反対する国際連盟ファーフリーアライアンス(FUR FREE ALLIANCE、以下、FFA)は「『グッチ』の宣言は、世界40以上の団体がリアルファー取引の廃止に向け取り組むFFAのメンバーであるHSUSとLAVとの長期間に渡る関係の成果だ。
動物や環境への影響を特定し、軽減するために『グッチ』を引き続きサポートする」とコメント。
「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)、「ユークス(YOOX)」「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」などのブランドや小売業が加入する「ファー・フリー・リテイラー(FUR FREE RETAILIER)」の認証プログラムの一員になるという。

HSUSのファッション政策担当マネージャーは「リアルファー廃止の宣言によって、『グッチ』は高級ファッション業界の動物の扱い方を変えることに貢献するだろう。革新と社会的責任に関心があり、リアルファーのように時代遅れで本質的に残酷な製品と関わりたくないという、エシカル消費に関心がある新しい客層が増えている。『グッチ』はこれを理解しており、利益につながるだろう」とコメント。
日本の岡田千尋アニマルライツセンター代表理事は、「日本ではこれまで11年にわたって毛皮輸入量が減少し続けており、特に若い人たちのやさしい選択がなされるようになってきたことを実感している。今後さらに、その動きが加速するものと期待している」と述べた。

参照元:ヤフーニュース
URL: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00000017-wwdjapan-life&p=1

スポンサーリンク
名無しさん
やっと
名無しさん
ほんとに。。。
FENDIもDIORもならいましょう
名無しさん
PRADA「わいは止めへんで~」
名無しさん
毛皮じゃなく皮はいいのかよw
名無しさん
ダウンもダメなのかな。
名無しさん
生きたまま剥ぐなんて可愛そう。
毛皮は買うのやめよう。
名無しさん
ほ~、今年の秋冬のファッションはファーを部分的に使ったものが出ていると聞いたが、最後になるのか。
名無しさん
グッチ有能
名無しさん
ディーゼルはかなり昔からフェイクファーを使用してた。
名無しさん
残酷だしやめようは分かるけど、こういうのって突き詰めたらいずれ家畜の肉もかわいそうになるの?
ファーの次は何が来るんだろう
名無しさん
ヒステリックに動物愛護を振りかざすのは好まないが、技術の進歩で代用品を作ることができるのであれば、わざわざ生き物を殺す必要はないね。
大なり小なり、生き物の命を頂いて生きている我々だけど、可能ならば代わりのものを使う努力と技術開発を続けて貰いたいもの。(それとて、原材料の枯渇の問題につながっているから、決して簡単な道ではないけれど)
名無しさん
>生き物の命を頂いて生きている我々だけど
食べるための殺生とファッションを同等に考えるのはどうなんだろう。
名無しさん
超ショック。
別にいいじゃん、リアルファー。
質感ぜんぜん違うんだよ。
名無しさん
完全廃止、じゃなくて少なくしていく方向でいいと思うけどね。
30万するリアルレザーのコートにフェイクファーって…
リアルファーにこだわりがある人もいるだろうし。
ファーはわからんけど、フェイクレザーはおもちゃにしか見えん。
本音はただ単にコスト削減だろ。
原価数百分の1に抑えられるのかな。
名無しさん
ダウンもライブプラッキングっていう生きてる時に羽毛を引っこ抜く手法があってカナダグースやモンクレ等などひどい手法でやっているのがばれて非難されています。
パタゴニアは再利用ダウンと言って、もう使われなくなったダウンジャケットなどのダウンをきれいに洗浄してリサイクルした物を使っています。
あと、トラッカブルダウンはどういう風に羽毛が採取されたかきちんとわかるようになっているダウンの事です。
名無しさん
鞄の内張りから革が消えてどんどん安っぽくなっていたから、いずれ来るかなと思ってたけどね。
革の価格高騰と利益率増加が原因かね。
名無しさん
大賛成!!
本当の格好よさをこれからショーで魅せて下さい。
GUCCI好きになった。
スポンサーリンク
名無しさん
マジかよ。
これから服は全てGUCCIで買うわ
名無しさん
nice!
名無しさん
革は?
名無しさん
革製品がなくなったら困る。
名無しさん
革は強度なんかの物性も優れているし、食肉の副産物としてとれるからまた別の話じゃない?
名無しさん
クロコダイルとかリザードとかはまぁ要らんな
名無しさん
合皮でいいです。
靴も財布もベルトもそれ。
名無しさん
皮製品も無くして肉食べなくしたらええやん
名無しさん
ファーも保温性は優れてるでしょ。
ウサギなんかだと食用の副産物ならOKなん?
羊とかはすでにあるよね、食肉用から採った毛皮。
名無しさん
このごろは皮の方が目当てで、肉が副産物だと聞いた。
肉食うからいいやろうと言い訳しやすいとも。
生きたまま皮が剥がれて大声あげてる牛を見たことがある。
模様が好まれるので乳牛は悲惨。
名無しさん
レザーってのはほとんどが牛革。
エキゾッチックレザーと呼ばれる希少動物の皮革なんて全体のどれだけあるよ?
人間が牛食ってる限り原材料は自然に湧いて出る。
人工皮革や合皮(いわゆるフェイクレザー)の方が遥かに環境に悪影響を及ぼすんだけど。
スポンサーリンク
名無しさん
ワニとかヘビは嫌いだから別にいいや。
怖いしさ
名無しさん
>このごろは皮の方が目当てで、肉が副産物だと聞いた。
スーパーや肉屋で世界でアレだけ売られてて、そんなわけないやろw
名無しさん
牛のゲップで地球の二酸化炭素量に影響が出るほど牛って世界中にいることを忘れないで欲しい。
名無しさん
肉の副産物としてなら問題では無いと思います。
無駄に廃棄では無く利用しているのですから。
名無しさん
うん。
活け造り等の日本の食文化を否定できる人は、このファー問題も噛みついていいと思う。
個人的には同列だと考えているから、動物を殺すことにまつわる問題に口を挟むつもりはない。
例外は絶滅危惧種関連。
ウナギ食べたいけど完全養殖が実現するまではガマンするしウナギ食文化は規制されるべき。
名無しさん
「魚と犬は違う」って考えの延長線上にシーシェパードは存在すると思う。
名無しさん
>「魚と犬は違う」って考えの延長線上にシーシェパードは存在すると思う。
シーシェパードが保護を唱えているのは哺乳類(クジラ、イルカ類)ですけどね。
まぁ建前上、海の生き物(クロマグロとか)も保護訴えてますが。
名無しさん
犬と魚は違います。
同じなら明太子やしらす丼なんてもっての外ですね
魚の稚魚とウチで買っているゴールデンレトリバーは違う。
プランクトンや植物も保護するのですか?
それらを摂らなければ人間は生きていけないですよ。
名無しさん
犬も魚も一緒ですよ
昔、ベタっていう魚飼ったらあまりの愛嬌に完全に家族化
コップで飼えるとかいう触れ込みだったのに1日でも長生きさせようと特大水槽+外部フィルターまで揃えたし、寿命で死んでからも10年は魚食えなかった
スーパーで切り身を見てもあいつの一部にしか見えなくてな
飼うまでは1匹丸ごと買って3枚におろすとか余裕だったのに
もう20年近く経つけどいまだに魚さばけないし、顔のあるやつはお惣菜コーナーの焼き魚でも直視できない
名無しさん
↑ではちくわも魚肉ソーセージも食べなかったのですよね。
名無しさん
そもそもベタって大きい水槽だと却ってストレスになるんじゃなかったっけ?
名無しさん
>魚の稚魚とウチで買っているゴールデンレトリバーは違う。
なんか愛犬家って嫌い
名無しさん
シーシェパードは『牛は食べていいが海洋ほ乳類は食べちゃダメ。可愛いし頭いいから。』って主張です。
これは間違えています。
牛は食べていいし、海洋ほ乳類も食べていい。(勿論ゴールデンレトリバーもアメリカンショートヘアも。)
NGがあるとしたら絶滅に向かっている種類。
ウナギは食べちゃダメ。
名無しさん
別にレトリーバーもアメショーも鰻も食っていいと思うけどな。
人類と地球との関わりにおいてたいした問題とも思えない。
もっと問題のあることを人間はやらかしてる。
名無しさん
人間、猿、犬、牛、豚、クジラ、クジラ、魚、プランクトン、植物
全部違います。
どこで線を引くかが国や文化によって違うだけ。
多くの日本人はクジラは食べていいけど犬、猫はNGって言う人がほとんどでしょう。
名無しさん
>国や文化によって違うだけ。
そうそう。
要は全て人間の都合。
名無しさん
まぁ国と文化と個人の感覚
全部違う訳ですよね。
宗教論争のようで答えは出ないでしょうね。
名無しさん
>答えは出ないでしょうね。
そそ。
ハナっからわかってること。
答えの出ないことに必死になってるって滑稽。
名無しさん
毛皮がNGで、皮はOKなら意味ないよな。
反対団体もベジタリアンで一切動物を殺さないなら多少は理解出来るけどな。
名無しさん
>毛皮がNGで皮はOKなら意味ないよな。
なんでそう思うのだろう。
毛皮のために殺すのと食った後の残骸を利用するのとでは、人間的都合による意味合いは大きく異なるが。
名無しさん
昔あった成人式で首に巻くキツネのえりまき、リアルファーだったら祟られそうって思ってた。
リアルファーなんて必要ない。
名無しさん
顔つきマフラーしてる人の気が知れません・・・
名無しさん
↑母親もそれ持ってた。
幼い時は何も分からず可愛い、フワフワと思っていたが、残酷です。
無知は罪。
名無しさん
昔の映画を見ていたら顔と尻尾のついた狐の襟巻をしていた、、
昔はそれが素敵だったのかと思うと、、
とても気持ち悪くなった。
意識改革というのは必要。
名無しさん
無知は罪っていうけど、今のリアルファーはたいていは安楽死後だよ。
レザーや食肉と一緒。
名無しさん
大賛成。
高い毛皮を自慢してるタレントさんたち!
テレビで自慢するのはもうやめてください。
名無しさん
毛皮を作るのはすごく残酷な作業だと聞いたことがある。
名無しさん
そんなこと言うたら、豚や牛肉、鶏肉の屠殺なんかも残酷よ。
YouTubeで確認してねw
名無しさん
生きたまま剥がすそうですね。
死んでからだと硬くて剥げないとか。。
毛を剥がされた動物たちはそのままその辺にポイっとされ息絶えていく
名無しさん
お肉食べる方が残酷だと思う
名無しさん
象牙みたいにヤミ市場が発達しそう。
名無しさん
遅すぎたくらい
生きたまま剥がされることを知らずにリアルファーを喜んで着る奴等がいる限り無くならない。
名無しさん
飾るためも
食べるためも
殺すことに変わりはないよね?
それをありがたくいただきながら生活しています。。。。
名無しさん
昔のあったかい衣服がない時代じゃないんだから。
動物の犠牲の上のおしゃれなんていらない。
スポンサーリンク
名無しさん
食うために動物をいただくのと、装飾ファッションのために動物をいただくのでは、意味が大違いじゃ。
食物連鎖と残虐嗜好を混同したら駄目じゃ。
食事レシピも、動物を長く苦しませる調理法も駄目じゃ。
多くの企業で、リアルファーなどとグロい行為は止めなさい。
人間社会は善に近づくべきじゃ。
名無しさん
グロいと言っても食の面で大分やりたい放題だからな。
食材でしか見ないから罪悪感や有り難みを最近の人達は、感じないんだよね。
頂きますやご馳走さまくらいは、口に出さずとも感じないといけないですよね。
名無しさん
ついでに言うと、生きたまま皮を剥ぐのは極一部です。
ちゃんとしたところは安楽死後に剥いでるよ。
食肉と一緒だね。
客観的に見ると、踊り食いや活け造りが文化になってる方が引っかかる。
でも活け造りは美味しいわけで、自分はリアルファーにもレザーにも活け造りにも犬食文化にもフォアグラにも等しく反対しません。
名無しさん
見てると的外れなコメントあるけれど、主題は「命を頂く」ことではなくて「苦痛を与える」ことだからね。
殺すにしても苦痛を最小限にする努力は必要だと思うよ。
名無しさん
日本各地で問題になっている駆除対象の野生化したハクビシンやアライグマは食べられるなら食べ、製品になるなら使ったら?
名無しさん
コストは掛かるけど、麻酔で眠らせてから処理すればいいってこと?
痛みを感じさせなければいいの?
名無しさん
「アースリングス」って検索して見てみてね。
名無しさん
中国の毛皮産業の動画がすごい。
名無しさん
残酷かどうか主観もありますからね。
たとえば日本料理の魚の活け造りのような生きたままというのは、外国の方には残酷に見えている方もすくなくないといわれています。
名無しさん
毛皮面積を確保するのに、とにかくデブらせる…
かわいそうなんだよ…
名無しさん
>「アースリングス」って検索して見てみてね。
これ、「ヒドイ」とは思うけどそれ以上に「情報が偏ってる」って思うよ。
普通は。
複数ソースの一つとしてはともかく、これだけ見て何かいうのは”ワイドショーを信じて疑わない専業主婦”と同レベルだと思う。
名無しさん
かわいそうって思う気持ちは、優しさ反面エゴ反面。
昔の自給自足みたいに、自分で育てて自分で殺して利用するなら、命のサイクルが骨身に染みる。
でも現代人は、誰かが育てて誰かが殺した食料、衣料を買って利用するだけだから、手を汚さなくて済む。
だから勘違いしてる。
自分で育てたら愛情がわく。
にも関わらず、ちゃんと殺す。
そして利用する。
このサイクルに目を背けない人は、無駄に食えないから絶対太らない。
服も無駄にできないから補修して一生着る。
美味しいものを食うだけ、服は飽きたら買い替える、こういう生活してると、うわべのかわいそうしか見なくなる。
名無しさん
見てくれで申し訳ないけど、毛皮剥かれちゃう動物ってみんなかわいい顔してんだよな。
名無しさん
いつも存在を無視される牛さん笑
名無しさん
近年のアクリルファーがほんまに気持ちよい手触りで、素晴らしい。
リアルファー無くてもいいよ~
スポンサーリンク
名無しさん
洗濯できるものも増えてるしね。
リアルは必要ない。
名無しさん
リアルファーが必要とされてた時代があるのは、とにかくあったかいから。
今は薄くてあったかい素材がいくらでもあるから、フェイクでも装飾品としての役割なら十分果たせる。
レザーに代わる素材はなかなか難しいかも。
名無しさん
ああ、確かに。
ファーばっかり話題になるけど、レザーどうするんだろうね?
動物愛護の観点からは止めるべきですよね。
名無しさん
ステラマッカートニーが、がんばっているようです
名無しさん
偽物じゃ装飾の意味ないからなくなるんじゃない?
名無しさん
フェイクファーとリアルファーは装飾として、全く見た目が違いますよ。
装飾だけの問題なら無くなっていくのでしょうね。
名無しさん
フェイクファーは明らかにちゃっちいから、それならない方が断然いい。
名無しさん
レザーに変わる素材も出てきていますよ。
それよりもレザー、いわゆる革製品は死んだ動物から作り出しますが、毛皮は生きたまま剥ぎ取るのです。
その方が取りやすいのだそうで。
なので動物愛護の観点で問題視されます。
天然素材で変わりが未だ無いのはダウンに代わるものですね。
ダウンの保温力を出せる人工物はまだのようです。
名無しさん
ステラマッカートニーはリアルレザーも使用していないよ。
近くでまじまじと見ればレザーじゃないのはわかるけど、悪くない素材だと思うよ。
名無しさん
レザーはスポーツなんかでも良く使われて、今のところその微妙な品質の違いを埋められていないのが現状。
自分も中学の時お年玉を全部はたいてカンガルー革のサッカースパイクを買ったけど、軽さもフィット感も足へのなじみも人工のモノとは全然違うんだよね。
自分は中学まででやめるレベルだったからまだあれだけど、プロの選手なんかはより繊細だしなかなか需要は減らないと思うよ。
名無しさん
毛皮とレザーは工程が全く違いますよ。
レザーは食用や自然死した動物から供給されています。
それがダメだという人は豚や牛食うのも止めないと。
まさか毛があるファーみたいに生きた牛や動物からレザーとっていると思っているのかな。
かつてアメリカ人は鯨油だけが目的で捕鯨していたが、日本人は鯨とったら革から髭まですべて利用していた。
牛さんだってそうするべき
レザーの利用は命を大切にする精神です。
名無しさん
IPSの技術で偽リアルファーとか安価に作れないかな?
利益になれば研究技術にも投資にできると思うんだけど。
名無しさん
いやいや。
確かにレザーは食用肉の副産物としても取りますが、レザーのためだけに殺される牛は、毎年10億以上います。
生きたまま、尻尾を切られ吊るされて皮を剥がされ、ファーと同じですよ。
インドでは、皮革工場まで何日もエサも水も与えず、牛を歩かせて、歩けなくなった牛の目にタバスコやトウガラシを入れて無理やり歩かせるのです。
ファッションの為の毛皮、ファッションの為のレザー
それに反対しているのがステラマッカートニーです。
グッチはさすがにレザーからは手を引けないでしょうけどね。
名無しさん
代わりになるものがあっても0にはならない
希少性が増せば求める人もでる
ならば本物を造るのが一番手っ取り早い。
名無しさん
>インドでは、皮革工場まで何日もエサも水も与えず、牛を歩かせて、歩けなくなった牛の目にタバスコやトウガラシを入れて無理やり歩かせるのです。
インドで牛にそんなことしたら宗教的に大問題だろ。
名無しさん
>今は薄くてあったかい素材がいくらでもあるからフェイクでも装飾品としての役割なら十分果たせる。
切り分けて考える必要があるよな。
「装飾品」として毛皮は必要ないということには異論はない。
しかし「防寒具」としての毛皮を一切否定してよいものか?
「今は薄くてあったかい素材がいくらでもあるから」が誰にでも容易に手に入るものなのか?
日本みたいな金満な国民ならなんとも思わないんだろうけど、先進工業国で作られる石油由来の工業製品は総じて高価。
「毛皮のような防寒具」を本当に必要とする人々すべてが安易に入手できるものか、よく考えてみてはどうだろうか?
更に、今回は哺乳類系の毛皮獣の使用しないようにしようってことだけど、「ダウン」についてはどうなの?
ダウンについては一切言及されていないが、ダウンだって、ガチョウの累々たる屍の上に生産されてるんだぜ。
名無しさん
リアルファー使用禁止は歓迎だが、アクリル製の人工ファーもどきの品質が良くない。
ごわごわしてチクチクする。
もう少しアパレル業界はフェイクファーの素材感や品質を上げて欲しい。
名無しさん
ダウンもヴィーガン用のものがあります。
アニマルフリーです。
私はそのデザインが気に入ってたまたま購入したのですが、本当に軽くて暖かかったので、買ってよかったです。
名無しさん
>もう少しアパレル業界はフェイクファーの素材感や品質を上げて欲しい。
素材の品質を上げるのは素材屋の仕事であってアパレル業界ではない。(素材はアパレルだけでなく家具や靴、バッグ業界にだって売ってるわけで)
アパレル業界としてできることは品質を吟味する、あるいは素材開発に意見を出す、くらいかな。
よほど大手でないと(ユニクロとか)開発レベルでの素材別注なんてできない。
名無しさん
フェイクファーの素材感や品質を上げるより、ハイブランドが(リアル・フェイク関わらず)ファーの販売をやめて、ファー自体がおしゃれという認識をなくせばいい。
実際ファーつけている人で似合っている人は一部でデヴィ夫人ばりの高飛車な格好しないと似合わない。
こういう帰属をもし多様なファッションは今後廃れていくだろうし。
名無しさん
>ダウンもヴィーガン用のものがあります。
アニマルフリーです。
それは「ダウン」ではありません。単なる「化繊綿」もしくは「綿」です。
「動物を殺すのは嫌」だけど「植物なら問題ない」っていうヴィーガンの思想もどうかと思うが……。
名無しさん
>インドで牛にそんなことしたら宗教的に大問題だろ。
インドも全員がヒンドゥー教では無いですし、水牛は崇拝の対象ではないので食べますよ。
ただ屠殺が許されていない州が多いので、屠殺出来る州まで牛を歩かせるわけです。
しかしもうすぐ殺すのに、エサや水を与えるのは無駄なので、目にトウガラシを刷り込んでまで歩かせるのです。
名無しさん
羊、牛、豚の肉は食べるから、その革を捨てずに利用するのはいいと思う。
毛皮は、中国の毛皮産業みたいに生きた動物から毛皮剥ぐ輩がいるから、止めた方がいい。
名無しさん
フェイクレザーはおもちゃみたいなもんだからな。
名前だけ新しいフェイクレザーがたくさん出ているけど、リアルレザーには敵わない。
名無しさん
「ダウン」といえば、グリーンランド辺りに、先祖代々、毎年渡ってくるカモの生息地一帯の巣箱を一家総出で守って、カモの雛が巣立った後に、巣材として使っていた羽毛を有り難く採らせていただくという民族がいたなぁ。
欧米の似非「動物愛護」に乗っかって、こういった、本当の意味で「自然に優しい」ダウンの利用や、肉は食べ、食べれない骨から毛皮まで利用する「命を大事にする」習慣や風習まで駆除されないことを願う。
名無しさん
リアルファーの代わりの素材なんてない。
石油素材では細い繊維は作れても細い繊維が細かく層状に重なったり細かく枝分かれしたりするようなファーの性質は作れない。
空気の蓄え方が全く違う。
エスキモー服のファーの部分をフェイクにしたら極地の人達は皆凍死するぞ。
名無しさん
>レザーのためだけに殺される牛は、毎年10億以上います。
世界で飼育されてる牛の頭数が14億ぐらいですよ。
さすがにそれは無理があるかと・・・
市場に出ている牛革のほとんどは牛肉の副産物ですね。
大事に使えば10年以上使用できますし、人工皮革を使うよりも環境にいいんじゃないですかね。
名無しさん
鞄の内張りから革が消えてどんどん安っぽくなっていたから、いずれ来るかなと思ってたけどね。
革の価格高騰と利益率増加が原因かね。
名無しさん
有名ブランドが実施というのが意味があるのだろう。
他のブランド・メーカーも追従して欲しいものだ。