【ミッフィー】作者のディック・ブルーナさん死去

「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナさんが2月16日、故郷のオランダ・ユトレヒトで老衰のため亡くなったことを、出版社Mercisが明らかにしました。89歳でした。

ブルーナさんは1927年に生まれ、1953年に絵本作家としてデビュー。暖かみのある手描きの線、鮮やかな色使い、想像力を刺激するシンプルで大胆な構成の作品は世界各国で親しまれています。2015年にはミッフィー誕生60周年を記念する展覧会が世界的に開催されていました。

1951年からはブックカバーのデザインを本格的に開始しており、手掛けたデザインは2000冊以上。1953年に絵本「de appel(りんごぼうや)」を、1955年にはミッフィーの第1作目の絵本となる「nijntje(ちいさなうさこちゃん)」を発表。124作を超える絵本を刊行し、8500万部以上のロングセラーとなる。日本でも1964年「ちいさなうさこちゃん」(福音館書店)以降、5000万部以上の絵本が刊行されています。

●ディック・ブルーナ 略歴
1951年:A.W.ブルーナ&ゾーン社のデザイナーとして2000冊を超えるブックカバーのデザインを本格的に開始
1953年:最初の絵本「de appel(りんごぼうや)」(初版)を発表
1955年:「nijntje(ちいさなうさこちゃん)」「nijntje in de dierentuin(うさこちゃんとどうぶつえん)」(初版)を発表
1959年:「りんごぼうや」(改訂版)発表。正方形の絵本スタイルを確立する
1963年:「ちいさなうさこちゃん」「うさこちゃんとどうぶつえん」(改訂版)発表
1971年、グラフィックデザイナーのピーター・ブラッティンガとブルーナの著作物を管理するメルシス社設立
1983年:「オレンジナッソー勲章」を受章
1990年:「くまのぼりす」でオランダ書籍宣伝協会(CPNP)から「金の絵筆賞」受賞
1993年:オランダのベアトリクス女王からナイト(騎士)の称号をうける
1996年:「うさこちゃんのてんと」でCPNPから「銀の絵筆賞」受賞
1997年:「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」でCPNPから「銀の石筆賞」受賞
2001年:100作目の絵本「うさこちゃんおばけになる」を発表。同年、オランダ王国より王室勲章「オランダ獅子勲章コマンデュール章」を受章
2006年:ユトレヒトに自身の作品を専門に展示する美術館「ディック・ブルーナ・ハウス」(現ミッフィー・ミュージアム)がオープン
2007年:80歳の時にユトレヒト市より市民最高の栄誉である「ゴールド・メダル」を受勲
2008年:次世代に英知をもたらす「Wisdom」 Projectで「世界の70人」に選ばれる
2010年:ミッフィー誕生55周年のイラストを描き起こす
2011年:123作目となる絵本「うさこちゃんとふがこちゃん」を発表。東日本大震災で日本の子どもたちにメッセージを送る。アムステルダム国立美術館にポスターなど120点を寄託
2012年:ベルギーのメッヘレン文化センターで大規模な展覧会が開催される
2013年:初めての映画「劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし」公開
2015年:世界的にミッフィー誕生60周年を記念する展覧会が開かれる。自身のアトリエをセントラル・ミュージアムに移築し、一般公開
2016年:「マックス・ベルジュイス賞」受賞

参照元:ヤフーニュース
URL: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000017-it_nlab-cul

スポンサーリンク

名無しさん
2017/02/18 00:26
ミッフィー大好きで、絵本も家にあります。
メラニーやボリスも好きで展覧会にも行きました。
親子で長く、とってもお世話になりました。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
2017/02/18 00:28
ミッフィーちゃん大好きなので、凄くショックです。
東日本大震災の時の涙のミッフィーちゃんにとても癒され感動しました。
素晴らしい作品をありがとうございます。
ゆっくり休んでください。
名無しさん
2017/02/18 00:31
ショックでたまらない(涙;
名無しさん
2017/02/18 00:32
間違いなく、歴史の中で語り継がれる方となるでしょう。
名無しさん
2017/02/18 00:42
何年か前に松屋銀座の壁一面にミッフィーちゃんが描かれて、スマホで撮った思い出が。
点とバツだけで、ミッフィーちゃんが表現されていました。
名無しさん
2017/02/18 00:44
親子でお世話になりました
ありがとうございました
名無しさん
2017/02/18 07:32
自分の姪っ子にミッフィーのガラガラをプレゼントしたのはいい思い出
そんな姪っ子も来月、小学校を卒業します。
今でもミッフィーグッズが世の中に溢れていることに感謝しています。
名無しさん
2017/02/18 18:51
年子の甥達の母子手帳がこの人のイラストの物。
この時の2年間だけの交付だったそうだから、母親が喜んでいた。
名無しさん
2017/02/18 00:52
ミッフィーの作者・ブルーナ氏が亡くなってしまい、ショックです。
かわいいミッフィーを描いてくれたのでほんわか気分になります。
最近、電報の広告をクリックしたらウェディングドレスや白の打掛で綿帽子のミッフィーを見たから、ブルーナ氏のお孫さんが結婚するのかな、、、と思ったのですが、、、、。
名無しさん
2017/02/18 00:53
もともとキティちゃんはミッフィーのパクりだったという事実。
名無しさん
2017/02/18 06:48
キティもそうだが、マイメロディーを訴えなかったのは心が広いからなのかな??
名無しさん
2017/02/18 06:58
キティの友達キャシーがミッフィーに似過ぎと訴訟を起こされ、サンリオはミッフィー自体を訴え返していたが、東日本大震災をきっかけに和解して両者は訴訟費用全額を寄付した。
名無しさん
2017/02/18 07:00
サンリオが逆に訴えた?
お前ら何様なんだ??
プルーナさんがいなかったらお前らなかっただろうに。
名無しさん
2017/02/18 08:01
>キティの方が先だろw
ミッフィー1955年誕生
キティ1974年誕生
キティの方がだいぶ後ですよ。
名無しさん
2017/02/18 00:53
子供の頃、ミッフィー大好きでした。
悲しいです。
名無しさん
2017/02/18 01:04
とても悲しいです
ブルーナさんのこども達を思う気持ちがミッフィーをとおして、これからも語り継がれていきますように。
名無しさん
2017/02/18 01:09
先日あべのハルカスでミッフィー展やってて、子供と行ってきたんだよ…
だるまミッフィー買ってきたw
お年から考えたら仕方がないが、残念だ。
名無しさん
2017/02/18 01:22
ミッフィーの大ファンなので、すごく悲しい。
うちにいるミッフィーも泣いてるような気がした。
スポンサーリンク
名無しさん
2017/02/18 01:31
残念でたまりません。
悲しすぎます。
子供のときからのファンでいつかオランダに行って、ブルーナさんに会うのが夢だったのに…
叶わなかった…
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
2017/02/18 08:14
オランダのユトレヒトという街にあるミッフィの信号機が、かわいいという話です
名無しさん
2017/02/18 02:01
大人になった今でも、ミッフィーが好きです。
優しい思い出をありがとうございます。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
2017/02/18 08:04
Facebookのミッフィーを見たら、泣かないで、と慰めてあげたくなります。
寂しいですね。
名無しさん
2017/02/18 08:43
部屋に木の滑り台を置いて、姪っ子によく遊ばせていた。
それにミッフィーが描いてあった。
姪っ子は1歳ぐらいで、最初にキティちゃんを覚えた次ぐらいにミッフィーを覚えたと思う。
その姪っ子も大学受験だから、時の流れは早いなぁ。
名無しさん
2017/02/18 10:04
ミッフィーの口が×なのが、なぜか異常にかわいかったわ
名無しさん
2017/02/18 14:22
珍しく文字のない絵本だったのと、日本にはない色使いだったのが随分印象に残っています。
たくさんの子供たちに愛され、この絵本を読んで育った多くの大人にも愛された作品。
素晴らしいものをありがとうございました。
名無しさん
2017/02/18 20:25
いかにも優しそうで、この作者に相応しい印象ですね。
東日本大震災でも、日本のために泣いてくれたのには感謝致します。
御冥福をお祈りします。
名無しさん
2017/02/18 03:23
「世界中の子どもたちから手紙が来るんです」と仰ってた幸せそうな笑顔が忘れられません。
名無しさん
2017/02/18 04:07
子供が小さい頃、良く読んであげてました。
うさ子ちゃんが雪だるま作ったり、海水浴行ったり、怪我した鳥拾ったりした話など覚えてます。
ありがとうございます。
お世話になりました。
名無しさん
2017/02/18 04:57
つい最近までミッフィーという名前を知らず、ブルーナとずっと呼んでいた
名無しさん
2017/02/18 05:26
寂しいな。
幼少期に読んだ、『雪の日のうさこちゃん』等、いまでもはっきりと瞼の裏に焼き付いています。
世界中の子どもたちに親しまれ、その子が大きくなり親になっても支持されたディック・ブルーナさんのミッフィー。
ミッフィーはみんなの心の中で生き続けていますね。
ディック・ブルーナさん、ありがとうございました。
安らかにお休みなさい。
名無しさん
2017/02/18 06:42
おやすミッフィーちゃん。
この後また、夢でお会いしましょう。
アディオス!
名無しさん
2017/02/18 06:47
ナインチェの作者が!?
名無しさん
2017/02/18 06:47
記念館行って下さい。
名無しさん
2017/02/18 06:48
昭和がまた遠なるわ
名無しさん
2017/02/18 06:48
ミッフィーもやっと馴染んできたけど、私の中ではやっぱり「うさこちゃん」の方がしっくりくる。
初期の頭が大きめのイラストは特にね。
名無しさん
2017/02/18 06:49
昔、某銀行のマスコットキャラクターだったなぁ。
鉛筆、メモ帳、貯金箱とか持ってた。
名無しさん
2017/02/18 11:21
その通帳とキャッシュカード目当てで口座を作ったことを思い出しました。
合併してなくなってしまいましたね…
名無しさん
2017/02/18 06:49
ミッフィーよくTVで観てたよ。
名無しさん
2017/02/18 10:18
現在もEテレでOA中。
名無しさん
2017/02/18 06:49
ご冥福をお祈り申し上げます。
名無しさん
2017/02/18 06:50
キティちゃんよりミッキーより『うさこちゃん』が好きでした。
名無しさん
2017/02/18 07:28
ゆきのひのうさこちゃん
だいすきなだいすきな絵本でした!!
名無しさん
2017/02/18 08:24
「ミッフィー」でなく「うさこちゃん」と覚えて育ちました。
スポンサーリンク
名無しさん
2017/02/18 08:28
同じくうさこちゃん世代です。
もしもし~とか今でも歌を覚えてます。
名無しさん
2017/02/18 16:51
自分も一番好きなキャラクターでした。
その日の気分で、うさこさんの顔が嬉しそうだったり悲しそうだったり。
なぜか、うさこさん、とかミッフィーさんとかさん付けだったなぁ。
名無しさん
2017/02/18 17:07
やはりうさこちゃんですね。
ふわふわさんと、ふわおくさんの娘。
うさこちゃんの本はずっとうちにも大事に保管してあります。
名無しさん
2017/02/18 06:50
よく、こどもの頃ミッフィー画用紙に描いてました。
名無しさん
2017/02/18 06:51
miffyちゃん大好きです
ご冥福をお祈りします
名無しさん
2017/02/18 06:52
ブルーナさんの残してくれたミッフィーはずっと世代を超えて受け継がれるでしょう。
優しいミッフィーを残してくれてありがとう。
どうか安らかに。
名無しさん
2017/02/18 06:54
男性だったんですね。
名無しさん
2017/02/18 06:54
子どもの頃はNijntjeのぬいぐるみを沢山もっていたな。
懐かしい。
名無しさん
2017/02/18 06:56
うちの娘が最初に上手く描けた絵がミッフィーちゃんで、スキャンして卯年の年賀状に使いました。
ご冥福を。
名無しさん
2017/02/18 06:56
シンプルで愛着のわくすてきな絵本。
私も子どもたちも大好きです。
素晴らしいものを産み出して残してくださり、ありがとうございます。
御冥福をお祈りします。
名無しさん
2017/02/18 06:56
ミッフィーがいなかったら、キティやサンリオのキャラだって生まれていなかったかも・・。
なんて言うと怒られるかもだけど(笑)
世界に愛された「kawaii」キャラを生んだブルーナ氏の影響力は大きかった。合掌。
名無しさん
2017/02/18 06:57
こんなにシンプルな絵なのにインパクトあり過ぎる。
ウィキペティアみたらすごい内容の深いことが書いてあった。
有名だけど、知らないことばかりだった。
これからも長く愛され続けるキャラクターだと思う。
名無しさん
2017/02/18 06:58
ミッフィーずっと好きです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする